みかん家の新築予算の減額調整事情

投稿日:

こんにちは。南の島、沖縄で木造二世帯注文住宅を建築中のみかんです。

我が家の本見積もり額

これまで一通り提案された間取りを修正しつつ、要望も出し切ったみかん家。ラフ案の時点で出された概算見積もりは、予算の範囲内でした。
設備なども選んだあと、最終の間取りも出て夢を詰めるだけ詰め込んで出されるのが本見積もりですね。

その間、外壁を光セラに変更したり、軒の出を出すことにしたため、概算見積もりより当然金額が上がることは分かっていました…。でも夢見たいよね…。意外と安かったっていう夢を。
ちなみに、概算見積もりは建築費用だけで3600万で、外構費用は出ていませんでした。
両世帯ともに、外構も入れて4000万円くらいで収まってくれたらいいなーなんて、思っていたのですが(完全に消費税を無視していますww)

夢が一気に冷める瞬間デスヨ(と娘が言ったわけではないですが)

本見積りの結果がこちら。

本見積もり金額

  • 建築費用 約3776万円
  • 外構工事 約393万円
  • 消費税  約333万円
  • トータル  4500万円

※設計料、建築申請、引っ越しなどの建築諸費用は省いています。
※土地はもともと有しているため、土地代は含んでいません。
※我が家の土地自体は180坪あります。家を建てる部分(建築面積)が、約37坪、庭・駐車場が約53坪、残りは畑になります。外構は庭・駐車場部分のみとなり、畑部分は含まれておりません。

だいぶ前ですが、「家を立てるのにかかる金額について」で記載した価格は、こちら。

家を建てるのにかかる金額について。沖縄木造二世帯住宅の場合。

みかん家の二世帯住宅建築費用

  • 建築費用 約3700万円
  • 外構工事 約300万円
  • 消費税  約300万円
  • トータル  4300万円
みかん
ソウデス、我が家は200万円ほど減額調整イタシマシタ。

でもですよ、ひと様の家づくりブログを読むと、大きい額になると1000万オーバーしている人もいたし、予算(4000万くらいww)を超えるのは当たり前かな?と思っていたんですが、設備選択もかなりケチったのに、トータル4500万は意外でした。(いや、普通に考えたらそれくらいいくか…)

外壁を光セラに変更したのと、軒の出を出しただけでなく、概算見積もりの際には出てなかった外構費用がなかなかなお値段だったのが敗因かと思われます。
そりゃ、畑も入れたら143坪の広さ分、外構が必要なんだもん。それだけするよね…。

親世帯も含めて話し合った結果、設計料や諸経費も含めてトータル4500万円で収めたいという結論となりました。

発表!我が家の減額調整内容

で、我が家が何を削ったか。
下記が我が家の減額調整で削減及び変更した項目になります。

造作工事を家具職人→大工職人に変更

→当初、家具職人に作成してもらう数々の造作棚。結構なお値段だったため、大工工事で対応できないか調整してもらいました。その分、塗装は施主にて行うことに。

両世帯シューズクローゼットの造作棚をカット

→意外と高かったシューズクローゼットの造作棚。重要度はさほどだったため、両世帯ともにカットしました。

子世帯、キッチン横の造作棚をカット

→食器洗い置き場を造作してもらう予定でしたが、こちらも市販品で対応可ということでカットすることに。

子世帯、キッチンスパイスニッチカット

→キッチンカウンター、ダイニング側にもニッチを希望していたため、こちらはカット。

親世帯は、リビング・ダイニング照明をダウンライト→シーリングに変更

→だいぶダウンライトの数が減りました。

子世帯、施主支給品を増やす

→これは元からK氏に伝えていたため、削減にならないような気もするけど、とりあえず。照明や洗面台のミラーキャビネット、トイレのペーパーホルダーなど、結構な数を施主支給することにしました。

両世帯ともに照明の数(ダウンライト数)を減らす

→照明については、別記事で書こうと思っていますが、当初提案分より数を減らすことにしました。

外構 土間コンクリート部分を当初提案分より削減

→防犯砂利など敷いて土間コンクリ部分を減らすことにしました。これに伴い、夫のカーポート設置の夢はあっけなく消え去りました…。

外構 フェンスは施主にて設置

→家相上、敷地は塀で囲うべき、だそうです。この時点では施主対応となり減額調整に含まれていましたが、義母の強い要望にて、どうやらフェンスは今回の建築予選とは別で業者対応になる模様(別予算のため子世帯ノータッチデス)

たかが200万円、されど200万円です。
(たかがと書くのもおかしいですが、もっと高額の減額調整されている方々を家づくりブログで拝見しているので、数字の感覚がおかしくなってしまう)

元々、設計士のK氏がお得な設備で提案していた部分が多かったため、200万を削減するために細々した調整が多かった気がします。減額調整って、施主も夢を諦めないといけない部分があるので大変ですが、対応する設計士や営業の人も大変ですよね。都度、見積もり書を作り直さないといけないんだもん。

最終発表!我が家の建築費用

では、改めて我が家(完全分離二世帯木造住宅)の建築予算を書きますね。

みかん家の二世帯注文住宅建築費用

  • 建築費用 約3700万円
  • 外構工事 約300万円
  • 消費税  約300万円
  • 設計料&諸経費 約300万円
  • トータル  4600万円

苦行だった減額調整を経た後、ようやくK氏と本契約を結ぶことになりました。一番ホっとしたのはK氏だったりして(笑)

次回は、微調整も済んだ我が家の最終間取りのご紹介です。
今日もお読みいただきありがとうございます。

ブログ村の『注文住宅』のカテゴリに参加しました!!上位目指して、頑張って記事をアップしますので、応援の1ポチください!!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

-家づくりblog
-,

Copyright© 木造注文住宅を沖縄ハルモデザインで建てる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.